• ホーム
  • AGAに気づくのが遅れたらどうなる?

AGAに気づくのが遅れたらどうなる?

髪に悩む男性

改善するまでに時間がかかるのが大きな特徴です。
よく言われているのは、抜け毛が増えたときにAGA治療を開始すると、抜け毛の量も止まり、すんなりと育毛剤が効果を示し、現状維持させることができることです。
ただ頭皮が見えて居たり、明らかに頭髪の本数が少なくなっていると、抜け毛を食止めることと同時に発毛剤も使わないといけなくなります。
そうなると改善までの期間も長くなりますし、気付くのが遅れた年数が長いほど、改善する期待が薄くなります。
勘違いされることも多いですが、薄毛の状態が抜本的に改善するようなことは、現在のAGA治療は望めません。
たまにそのような人もいますが、多くの人は改善したけれど、薄い部分が治っていないレベルの症状に落ち着くことが多いです。
だからこそ早めに気づくことが大切です。
本数が少なくなる前に抜け毛を防止させることが大切です。
飲む育毛剤と知られるプロペシアだけの服用で済ませる治療をするように心掛けてください。
ミノキシジルまで使う治療になってしまうと、以前のようにまでは改善する期待を持つことができません。
また多く勘違いされているのは、プロペシアで本数を増やすことができないことです。
育毛と発毛は根本的に異なります。
育毛は現在ある頭髪を守り成長させることであり、発毛は抜けて生えない頭髪を増やすことになります。
育毛剤を使って本数が増えているのは勘違いです。
成長することにより、根強く生えて濃くなり、手触りも強く感じることから本数が増えたように感じているだけであり、また抜けやすくなっていた状態を改善したことによって、頭髪が生えていますので、増えているように勘違いしてしまいます。
育毛と発毛の違いをよく理解してAGA治療を開始させなければいけません。

サイト内検索
人気記事一覧