• ホーム
  • 頭皮の血行が悪くピンク色の場合はAGA治療が有効

頭皮の血行が悪くピンク色の場合はAGA治療が有効

通常、頭皮の色は青白く、ゴムのように弾力のある頭皮が健康であるといわれています。
しかし、頭皮全体の血行が悪くなってくると、ゴムのような柔らかさや弾力がなくなってしまい、硬くなっていきます。
次第に、青白い頭皮が白色に変わっていき、その後、黄みを帯びた色へと変化していきます。
そして、ピンクっぽい色、あるいは赤みを帯びた色へと変わり、徐々にくすんだ赤色から、茶褐色へと変わります。
このように、頭皮全体の血流が滞ってくると、毛根にじゅうぶんな栄養が行きわたらなくなってしまい、次第に髪の毛が細くなります。
最初は、少しずつだった抜け毛がどんどん増えて、産毛のような髪の毛しか生えてこなくなってしまい、地肌が目立つようになっていきます。
このように、頭皮の色がピンク色や赤っぽくなっている場合には、AGA(男性型脱毛症)のチェックや治療、またはスカルプケアなどを行い、症状を食い止めなければなりません。
AGA(男性型脱毛症)は、放置しておくと、確実に進行していきますので、少しでも早めに専門のクリニックを受診するなどして、毛髪チェックを行いましょう。
また、最近は、AGA(男性型脱毛症)の簡易セルフチェックや遺伝子検査キットなどを自宅に郵送で取り寄せて、検査を行うこともできますので、周りの目を気にすることなく、ご自身の頭皮の状態や進行度などを知ることも可能です。
もしも、AGA(男性型脱毛症)であると診断された場合には、少しでも早く専門の治療薬によって治療を行いましょう。
また、現在はそれほど抜け毛や薄毛が気にならないという場合にも、普段からスカルプケア用のシャンプーや育毛剤などをケアに取り入れて、AGA(男性型脱毛症)の予防をすることが大切です。